彼岸をなぞる

2012
mixed media
250×355×260cm

壁面にある平面作品は311以降東北各地で撮影した写真をデジタル上でなぞり描いている。
またその平面作品
の下にはグリッド状に配置された土がある。
その土も東北各地のものであり、グリッドは地図の座標軸を意識している。
そして床の中央に置かれた電球は、壁面(地図)と同一平面上に鑑賞者自身の影を投影する。

撮影 奥村昭彦